いわき海星などが21世紀枠 センバツ出場36校決まる 

  • LINEで送る

第85回選抜高校野球大会の21世紀枠で初出場が決まり、復旧中のグラウンドで喜ぶいわき海星高の選手たち=25日午後、福島県いわき市

 第85回選抜高校野球大会(3月22日から13日間・甲子園)の出場36校を決める選考委員会が25日、大阪市の毎日新聞大阪本社で開かれ、21世紀枠では東日本大震災で学校が壊滅的な被害を受けた、いわき海星(福島)が選ばれた。今大会は例年より1校増枠となり、土佐(高知)益田翔陽(島根)遠軽(北海道)を加えた4校を選出した。

 一般選考では史上初の3季連続甲子園大会制覇を狙う大阪桐蔭、過去2度の選抜大会優勝の実績がある沖縄尚学なども選出。東北地区からは昨秋の明治神宮大会覇者の仙台育英(宮城)や今大会限りの「東北絆枠」で山形中央など過去最多5校が選ばれた。