元プロ、座学で高校監督に 高野連が条件大幅緩和 

  • LINEで送る

プロ経験者が学生野球の指導者になるための条件緩和について話し合われた「学生野球資格に関する協議会」=17日午後、東京・内幸町

 日本高野連は17日、プロ経験者が高校の監督など指導者になるための規定「中学、高校で2年の教諭歴」を撤廃し、座学による研修を受ければ資格を認めるという条件緩和案をプロ側に示した。既に指導者の受け入れを進めている社会人や大学と足並みをそろえる形の提案をプロ側も歓迎し、半世紀に及んだプロとアマのこじれた関係が大幅に改善される。

 プロ経験者が指導者になるための規定を話し合う「学生野球資格に関する協議会」が同日開かれ、日本高野連など学生側が日本野球機構(NPB)に提示。NPBの下田事務局長は「思った以上の回答。特に選手の思いをすごく理解していただいた」と述べた。