オリックス、馬原獲得へ FA寺原の人的補償 

  • LINEで送る

馬原孝浩投手

 フリーエージェント(FA)権を行使してソフトバンクに移籍した寺原隼人投手(29)の人的補償として、オリックスが馬原孝浩投手(31)を獲得することが12日、分かった。オリックスの球団幹部が明らかにした。

 熊本県出身の馬原は2004年に自由獲得枠で当時のダイエーに入団。翌年から抑えに定着し、07年には38セーブで最多セーブのタイトルを獲得した。球団史上最多の180セーブを挙げてきたが、昨年は2月に右肩の手術を受けて登板なしに終わり、再起を目指している。