日ハム・大谷、プロでの第一歩 新人トレ始まる 

  • LINEで送る

日本ハムの新人合同自主トレーニングで、打撃練習する大谷=千葉県鎌ケ谷市

 日本ハムの新人合同自主トレーニングが11日、千葉県鎌ケ谷市の鎌ケ谷スタジアムで始まり、ドラフト1位の大谷翔平投手(岩手・花巻東高)ら7選手がプロでの第一歩を踏み出した。栗山監督ら首脳陣が見守る中で、大谷は「緊張したが、ここから頑張りたい気持ちになった」と晴れやかな表情で話した。

 冷たい風が吹く中、ダッシュやティー打撃などで約3時間体を動かした。同じ18歳で注目を集める阪神の藤浪晋太郎投手(大阪桐蔭高)が初日からブルペン入りしたのとは対照的に、体力向上を目的としたメニューを多くこなし「計画を立ててしっかりやりたい」と、じっくり取り組む構えを示した。