巨人もWBCも連覇目指す 杉内、左肩の状態は順調 

  • LINEで送る

練習を公開し、遠投する巨人の杉内投手=鹿児島県薩摩川内市

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表候補に選ばれている巨人の杉内俊哉投手が11日、鹿児島県薩摩川内市で練習を公開し「だいぶ力強い球を投げられているし、手応えを感じている」と、昨季終盤に痛めた左肩の順調な回復ぶりをアピールした。

 既に約70メートルの遠投をこなしており、キャンプ前にブルペンに入れる見込みという。「チームの2連覇があるし、WBCでも3連覇が懸かっている。そこを目指していきたい」と気合十分だった。

 今回のWBC代表候補の中で、過去2大会に出場経験があるのは杉内だけ。「常に代表に入れるように、戦力になれるように」と意欲を語った。