大野、外木場氏が野球殿堂入り 広島で活躍の両投手 

  • LINEで送る

大野豊氏(左)、外木場義郎氏

 野球殿堂入りを決める野球体育博物館の表彰委員会は11日、競技者表彰のプレーヤー表彰にプロ野球広島の投手として先発、救援の両方で活躍した大野豊氏(57)、エキスパート表彰には完全試合を含め3度の無安打無得点試合を達成した広島の外木場義郎氏(67)を選出したと発表した。

 特別表彰では福岡・小倉中(現小倉高)でエースとして夏の甲子園大会を2連覇した福嶋一雄氏(82)を選んだ。殿堂入りは計180人となった。

 大野氏は88年に最優秀防御率と沢村賞を受賞。91年には最優秀救援投手を獲得した。97年に2度目の最優秀防御率に輝き、タイトル獲得の最年長記録をマークした。