広島・堂林、定位置確保に意欲 自主トレ公開 

  • LINEで送る

 広島の堂林翔太内野手が8日、広島市のマツダスタジアムで自主トレーニングを公開した。打撃練習などで精力的に汗を流し「キャンプでいいスタートを切れるように体を動かしていきたい。まずはしっかりレギュラーをつかまないといけない」と三塁の定位置確保に強い意欲を見せた。

 21歳の成長株は全144試合に出場した昨年はチーム最多の14本塁打を放った。一方で両リーグワーストの29失策を犯し「守備が鍛えどころ。うまくできれば打撃にもいい影響が出てくると思う」と課題克服を誓った。