「おい、小池」を書類送検 岡山で病死、強盗殺人など容疑 

  • LINEで送る

 2001年の父子殺害事件で指名手配され、岡山市で10月に病死した小池俊一容疑者(52)について、徳島県警は5日、強盗殺人や殺人などの疑いで、容疑者死亡のまま書類送検した。

 捜査関係者によると、送検容疑は01年4月、徳島市で無職松田優さん=当時(66)=と長男浩史さん=同(38)=をそれぞれ殺害。優さんの自宅に火をつけた上、預金通帳などを奪った疑い。

 小池容疑者は事件後11年間にわたり逃走。県警は小池容疑者が潜伏していた岡山市の雑居ビルの部屋から押収した携帯電話などの分析を進めたが、逃走の手助けをした人物はいなかったと結論づけた。