高校野球、京都翔英など地区制覇 秋季大会が終了 

  • LINEで送る

 第85回選抜高校野球大会(来年3月22日から13日間・甲子園)の出場選考の重要資料となる秋季大会は4日、近畿、中国、四国の3大会で優勝校が決まり、全10地区が終了した。

 近畿は京都翔英が初の頂点に。甲子園大会春夏連覇の大阪桐蔭は準決勝で敗れた。東京の安田学園、北信越の春江工(福井)も初制覇。関東は浦和学院(埼玉)が大会史上初の3連覇を果たし、北海道は北照が2年連続で制した。

 東海は県岐阜商が51年ぶりと久々の栄冠。東北は仙台育英(宮城)、中国は関西(岡山)、四国は高知、九州は沖縄尚学が優勝した。各地区の優勝校は10日開幕の明治神宮大会に出場する。