新加入の大阪が初優勝 日本女子プロ野球リーグ 

  • LINEで送る

 日本女子プロ野球リーグ後期は24日、京都市のわかさスタジアム京都で2試合を行い、ことし新加入の大阪が京都を2―1で下し、初優勝を果たした。11月5日に前期覇者の京都と総合優勝決定戦を行う。

 1試合目で京都は兵庫に1―3で敗れ、8勝8敗3分けで大阪と並んだ。大阪は打線が無安打だったが、京都の失策などに乗じて六回に2点を先取。小西美が1失点完投でリードを守った。