巨4―5中(19日) 中日が競り勝つ 

  • LINEで送る

10回中日2死一、三塁、代打堂上剛が中前に決勝打を放つ=東京ドーム

 中日が競り勝った。4―4の延長十回2死一、三塁から代打の堂上剛の中前打で勝ち越した。二回に谷繁の2点適時打で先制するなど序盤から優位に進めながら六回に同点とされたが、七回以降は4投手の継投で無得点に抑えた。

 巨人は四回に村田のソロ、六回には高橋由の2ランで反撃したが、十回から登板した6番手の西村が踏ん張れなかった。