日4―2ソ(19日) 日本ハム、主導権渡さず 

  • LINEで送る

6回日本ハム1死二、三塁、ホフパワーの一ゴロを小久保が三塁へ悪送球。生還する三走稲葉。捕手細川=札幌ドーム

 日本ハムが主導権を渡さず競り勝った。一回2死一塁から中田の左越え二塁打で先制し、さらに3連打でこの回計3点を先行。六回にも1点を加えた。先発のウルフは失点を七回のソロだけにとどめ、七回途中からは継投で逃げ切った。

 ソフトバンクの摂津はアクシデントの影響もあって一回途中で早々と降板。得点も七、八回に1点ずつと後手に回った。