日3―0ソ(18日) 糸井が2試合連発 

  • LINEで送る

 日本ハムは一回に失策で先取点を挙げると、七回に糸井の2試合連続となる2ランで突き放した。武田勝は6回3安打無失点と好投し、六回1死三塁のピンチでは陽岱鋼の好返球も光った。七回以降は3投手の継投が決まった。

 ソフトバンクは0―1の七回に3番手の森福が痛い一発を浴びるなど、早めの継投策が裏目で、打線も振るわなかった。