藤浪、プロとの面談開始 阪神「いの一番」にあいさつ 

  • LINEで送る

大阪桐蔭高の藤浪晋太郎投手

 ことしの高校野球で春夏の甲子園大会と国体の「3冠」を達成し、ドラフト会議の目玉とされる大阪桐蔭高のエース藤浪晋太郎投手が4日、大阪府大東市の同校でプロ球団との面談をスタートし、同投手のドラフト1位指名を発表している阪神のあいさつを受けた。

 同校によると阪神のスカウト2人が訪れ、藤浪と野球部の西谷浩一監督が対応したという。内容は明らかにしなかった。

 藤浪は希望球団について「どこでもいい。指名された球団に行ってしっかりやりたい」と話し、12球団OKの姿勢を示している。阪神の和田豊監督は「最近にはないスケールの大きさがある」と評価した。