岐阜国体野球、大阪桐蔭が3冠 台風で決勝なし、仙台育英もV 

  • LINEで送る

大阪桐蔭―桐光学園 6回、右越えに3ランを放つ大阪桐蔭・高井=岐阜長良川球場

 国民体育大会「ぎふ清流国体」は3日、岐阜県内の各地で行われ、公開競技の高校野球硬式の準決勝では、甲子園大会春夏連覇の大阪桐蔭が桐光学園(神奈川)を13―0で下し、仙台育英(宮城)は県岐阜商に11―1で大勝した。台風17号の影響で決勝が実施されないため準決勝勝利2チームが優勝となり、大阪桐蔭は春夏の甲子園と合わせた「3冠」を達成した。

 レスリングでは、ロンドン五輪代表の磯川孝生(山口・徳山大職)が成年フリースタイル120キロ級で優勝。同74キロ級は同五輪代表の高谷惣亮(京都・ALSOK)が制し、少年フリースタイル66キロ級は弟の大地(京都・網野高)が優勝した。