目で通じ合うのは困難 自閉症者の脳活動で解明 

  • LINEで送る

 目配せで同じ物に注意を向ける「目と目で通じ合う」のが、高機能自閉症の人とそうでない人の間では難しいことを、自然科学研究機構生理学研究所(愛知県)や福井大などの研究チームが、脳活動を記録して確認した。研究成果は25日までに、欧州の科学誌電子版に発表された。

 研究チームは「一般的に、自閉症の人は視線を介したコミュニケーションが苦手とされていたが、脳活動の記録でも裏付けられた」としている。

 研究チームは、脳の機能が分析できる磁気共鳴画像装置(MRI)2台を使用。