新型肺炎SARSウイルスの新種 WHOが情報収集 

  • LINEで送る

 世界保健機関(WHO)は24日までに、サウジアラビアを訪れたカタール人男性(49)から、2003年に流行した新型肺炎「SARS」を引き起こすウイルスと同じ仲間の、コロナウイルスの新種が見つかったと発表した。

 この新種は今年死亡した60歳のサウジアラビア人の患者からも発見。WHOは現時点で関係国への渡航制限は必要ないとしているが、感染拡大の恐れがないか情報収集を続けている。

 男性は9月3日に症状を訴え、7日にカタールの病院の集中治療室(ICU)に入った。11日には英国へ緊急搬送。英国の保健機関のウイルス検査で、コロナウイルスの新種と分かった。