軟式野球、中京、作新ら4強入り 全国高校選手権第3日 

  • LINEで送る

 全国高校軟式野球選手権第3日は27日、兵庫県の明石トーカロ球場などで準々決勝を行い、28日の準決勝は2連覇を狙う中京(東海・岐阜)と福岡大大濠(北部九州・福岡)、昨年準優勝の作新学院(北関東・栃木)と文徳(南部九州・熊本)の顔合わせとなった。

 中京は2年生の小栗が3安打完封し、登別明日中教校(北海道)に5―0で快勝。作新学院は延長十四回の末、新田(四国・愛媛)に、福岡大大濠は延長十回、比叡山(近畿・滋賀)に、ともに1―0でサヨナラ勝ちした。文徳は東日本大震災で被害が大きかった宮城県気仙沼市から出場の気仙沼(南東北・宮城)を5―0で退けた。