浦添商6―1滝川二 浦添商が序盤に主導権 

浦添商―滝川二 3回裏浦添商1死二塁、当真が中堅にランニング本塁打となる長打を放つ=甲子園

 浦添商は一回、三塁打の東江を犠飛で迎え入れ、二回はエンドランで広げた好機にスクイズで加点した。三回は呉屋、宮里の連続二塁打と当真のランニング本塁打で3点を加えた。打線は投球に逆らわない打撃が目を引いた。宮里は外角への制球が良く7回1失点。滝川二は六回まで三塁を踏めず、七回に松尾の適時打で1点を返しただけだった。


  • LINEで送る