飯塚6―4広島工 先手取った飯塚 

  • LINEで送る

三回途中から登板し、好救援の飯塚・西=甲子園

 飯塚が先手を取った。2―2の二回は丸本の左前適時打で2点を勝ち越し。1点差に迫られた直後の三回は堀の右前適時打で突き放し、5―4の八回は檜の適時二塁打で勝利を手繰り寄せた。三回途中から登板した西の好投が光った。

 広島工は先発した辻駒の制球が安定せずリズムをつかめなかった。打線は終盤に好機をつくれなかった。