飯塚が春夏通じ甲子園初勝利 仙台育英、福井も2回戦へ 

  • LINEで送る

広島工を破りタッチを交わす好救援の飯塚・西=甲子園

 第94回全国高校野球選手権大会は8日、甲子園球場で開幕。開会式に続き1回戦3試合を行い、飯塚(福岡)仙台育英(宮城)福井工大福井が2回戦に進出した。

 飯塚は三回までに5点を奪い、投げては三回途中からマウンドに上がった2番手の西が広島工の反撃を五回の1点に抑えた。6―4で競り勝ち、春夏通じて甲子園初勝利を飾った。

 仙台育英は打線がつながり、長短14安打で8点を挙げて佐賀北に8―2で快勝した。

 福井工大福井は一回に5長短打で3点を先制。エース菅原が常葉学園橘(静岡)を5安打に抑えて4―2で勝った。夏は10年ぶりの勝利で、福井県勢は春夏通算甲子園70勝目。