敷地内断層の再調査指示 志賀、大飯両原発で 

 経済産業省原子力安全・保安院は18日、関西電力大飯原発(福井県)と北陸電力志賀原発(石川県)の敷地内の断層について、関電と北陸電に対し、現地で再調査するよう指示した。調査計画を北陸電は今月25日までに、関電は速やかに報告するよう求めた。

 国は原子炉など安全上重要な施設を活断層の上に設置することを認めていない。志賀原発1号機の原子炉建屋直下にある「S―1断層」が活断層の可能性があると指摘されており、現地調査で確認されれば運転継続は困難となり、北陸電は廃炉を迫られる可能性も出てくる。


  • LINEで送る