掘削計画図に配管の位置を誤記載 敦賀2号ボーリングで穴 

 敦賀原発2号機(福井県敦賀市)で、ボーリング作業中に誤って地中の配管に穴を開けた問題で、日本原子力発電は16日、請負業者が6月に作成した掘削計画の図面に、担当者が配管の位置を誤って記載していたのが原因だと発表した。

 日本原電は、経済産業省原子力安全・保安院の指示で、近くの活断層に伴って動く可能性が指摘された原子炉直下の軟弱な断層(破砕帯)を調査。今月6日、復水器を冷やすための海水が通る地中5・4メートルの配管に直径8・6センチの穴を開けた。

 同社は配管の埋設地点を示した書類を請負業者に提示していたが、業者作成の図面の内容を確認していなかった。


  • LINEで送る