調査の必要性、17日に判断 大飯原発の断層で経産相 

 枝野幸男経済産業相は13日の閣議後の記者会見で、関西電力大飯原発(福井県)の敷地内にある断層の危険性を、一部の専門家が指摘していることに対し、17日の経産省原子力安全・保安院の専門家会議で現地調査の必要性などを判断してもらう考えを示した。

 経産相は「あらゆる材料を(関電に)提出させた上で、公開の場で専門家に検討してもらう。新たな知見の可能性があるなら、それを踏まえて対応する」と述べた。

 また専門家会議の傍聴希望者の情報を保安院が警察に提供したとして、市民団体が問題にしていることについては「疑義を抱かせるような行動や発言があってはいけない」と指摘した。


  • LINEで送る