沖縄各地でひめゆり学徒ら慰霊祭 沖縄戦から67年 

  • LINEで送る

「ひめゆり学徒隊」らの慰霊祭で、校歌を合唱し涙を流す同窓生=23日午後、沖縄県糸満市

 沖縄戦から67年の「慰霊の日」を迎えた沖縄県では23日午後、糸満市の「ひめゆりの塔」など各地で犠牲者を追悼する行事があった。参列者は家族や友人らの死を悼み「次世代に平和の尊さを受け継いでいく」と決意を新たにした。

 看護要員として動員され犠牲になった「ひめゆり学徒隊」らの慰霊祭には、同級生ら約500人が参列。ひめゆり平和祈念資料館の島袋淑子館長(84)は「どこでどのように亡くなったか分からない友人もいる。戦争がむごい、悲惨なものであると伝えていかなければ」と目を潤ませた。

 同窓生らでつくる財団は学徒隊の活動を伝えるアニメ「ひめゆり」を完成させ、資料館で同日、初上映した。