キャバクラに催涙ガスか、千葉 12人搬送され軽症

  • 0
  • LINEで送る

事件があったビルから避難した人たち(手前)=10日午前5時ごろ、千葉市中央区

 10日午前4時40分ごろ、千葉市中央区本千葉町の雑居ビル5階のキャバクラ「トップモード千葉」から「ガスのようなものが入った缶が、店内に投げ込まれた」と119番があった。客や従業員ら十数人が目や喉の痛みを訴え、男性3人、女性9人が救急搬送された。いずれも軽症で、病院で手当てを受けた。

 千葉中央署などによると、店内から催涙ガスが入っていたとみられる長さ約20センチの円筒形の缶が見つかった。屋外に面した窓が開いて投げ込まれたとの目撃証言があり、同署は、約60センチ離れた隣のビルから何者かが投げ入れたとみている。