ハンド、日本女子が初戦黒星 五輪世界最終予選 

日本―モンテネグロ 前半、ゴールを決める藤井(10)=リヨン(共同)

 【リヨン(フランス)共同】ハンドボール女子のロンドン五輪世界最終予選は25日、フランスのリヨンなどで開幕し、1976年モントリオール大会以来、36年ぶりの五輪出場を目指す日本はモンテネグロに24―30で敗れ、黒星発進となった。

 前半の日本は藤井や東浜(ともにオムロン)の得点などで13―14で折り返した。後半の立ち上がりに一時逆転したが、パスミスや反則などから連続で失点し、一気に突き放された。

 日本は26日にフランス、27日にルーマニアと対戦する。4カ国が総当たりで戦い、上位2チームが五輪出場権を得る。


  • LINEで送る