欧州系格付け、日本国債を格下げ 外貨建て2段階 

  • LINEで送る

 【ロンドン共同】欧州系格付け会社フィッチ・レーティングスは22日、日本国債の信用度を示す長期格付けを「シングルAプラス」に引き下げたと発表した。巨額な政府債務の削減計画を不安視した。同社による格下げは2002年11月以来約9年半ぶり。円建ては1段階、外貨建ては2段階引き下げた。発表後、外国為替市場で円が売られるなど、日本政府の信用力に打撃となりそうだ。

 フィッチは、日本の政府債務残高が12年末に国内総生産(GDP)比239%に達するとの予測を挙げ「当社が格付けしているあらゆる国債の中で突出して高い」と指摘した。