ビッグローブでメール障害 最大26万人に影響 

  • 0
  • LINEで送る

 インターネット接続大手のNECビッグローブは22日、同社の会員などが利用しているメールサービスの一部が21日から22日にかけて一時、利用できなくなったと発表した。最大で同社の会員の1割弱に相当する約26万人に影響が出た。

 メールを管理するストレージサーバーのソフトの不具合が原因という。21日午前9時54分から22日午前0時15分まで、約14時間半にわたり一部会員らのメール送受信ができなくなった。

 同社は「多大なご迷惑とご心配をお掛けし深くおわび申し上げます」としている。