しずちゃん、競技続行に前向き 五輪枠逃しても 

世界選手権敗退から一夜明け、取材に応じる山崎静代=16日、中国の秦皇島(共同)

 【秦皇島(中国)共同】アマチュアボクシング女子の世界選手権に出場し、ミドル級3回戦で敗退したお笑いコンビ「南海キャンディーズ」のしずちゃんこと山崎静代が16日「闘いたいという気持ちは心にある」と、競技続行に前向きな姿勢を示した。

 前日の試合でドイツ選手に完敗し、アジア最上位に与えられる五輪出場枠を逃した山崎は「夢がたたれたと思ったら、抜け殻みたいになった」と振り返った。この日はすっきりした表情で、今後の活動について「何を目標にするかまだ分からないけど、前向きに歩いていきたい。ゆっくり休んでから考えたい」と話した。


  • LINEで送る