柔道、浅見と鈴木桂が初戦敗退 全日本選抜体重別 

女子48キロ級1回戦で岡本理帆に判定で敗れ、残念そうな表情を見せる浅見八瑠奈=福岡国際センター

 柔道のロンドン五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権最終日は13日、福岡国際センターで男女7階級を行い、女子48キロ級1回戦で世界選手権2連覇の浅見八瑠奈が静岡・藤枝順心高3年の岡本理帆に延長の末、1―2の旗判定で敗れる波乱があった。浅見と五輪代表の座を争う福見友子は1回戦を順当に勝った。

 4月末の全日本選手権で右肩を脱臼した男子100キロ超級の鈴木桂治も、王子谷剛志との1回戦で延長からの旗判定を1―2で落として敗退した。全日本柔道連盟はこの日の競技終了後に強化委員会を開き、五輪代表を決める。


  • LINEで送る