箕輪、釘宮が2回戦へ 女子ボクシング世界選手権 

ライト級1回戦 ナイジェリア選手に判定勝ちした釘宮智子(右)=中国・秦皇島(共同)

 【秦皇島(中国)共同】ロンドン五輪の出場権が懸かるアマチュアボクシング女子の世界選手権は12日、中国の秦皇島で行われ、フライ級1回戦で箕輪綾子(フローリスト蘭)はギリシャ選手に24―9、ライト級1回戦で釘宮智子(平成国際大)はナイジェリア選手に16―14でそれぞれ判定勝ちした。

 フライ級、ライト級はともに今大会でアジア勢の上位2人に入れば五輪出場が決まる。お笑いコンビ「南海キャンディーズ」のしずちゃんことミドル級の山崎静代(よしもとクリエイティブエージェンシー)は14日の2回戦が初戦。


  • LINEで送る