柔道、秋本が初戦で敗れる波乱 全日本選抜体重別 

男子73キロ級1回戦で、大束匡彦(左)に敗れた秋本啓之=福岡国際センター

 柔道のロンドン五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権は12日、福岡国際センターで開幕して男女7階級を行い、五輪で金メダルが期待される男子73キロ級で2010年世界選手権を制した秋本啓之(了徳寺学園職)が、1回戦で大束匡彦(旭化成)に敗れる波乱があった。

 同級で秋本と五輪代表を争う昨年の世界選手権覇者、中矢力(ALSOK)は1回戦を突破して準決勝に進み、女子63キロ級の上野順恵(三井住友海上)や女子78キロ超級の杉本美香(コマツ)も順当に4強入りした。

 全日本柔道連盟は最終日の13日の競技終了後に強化委員会を開き、五輪代表を決める。


  • LINEで送る