ジオパーク国際会議が開幕 長崎・島原半島、日本初 

「第5回ジオパーク国際国連教育科学文化機関会議」の開会式であいさつする長崎県島原市の横田修一郎市長=12日午前、島原市の島原復興アリーナ

 約30カ国の地球科学や環境保全の専門家らが特徴的な地形と景観の保護や活用策などについて話し合う「第5回ジオパーク国際国連教育科学文化機関(ユネスコ)会議」が12日、長崎県・島原半島の島原復興アリーナ(島原市)で始まった。日本での開催は初めてで、15日に大会宣言を採択して閉会する。

 島原半島は2009年、洞爺湖有珠山(北海道)、糸魚川(新潟)の2地域とともに、世界的に貴重な地質や地形を持つ自然公園「世界ジオパーク」に国内で初めて認定された。世界ジオパークは現在、27カ国86地域にある。


  • LINEで送る