オリンピア遺跡で採火式 ロンドン五輪の聖火 

 【オリンピア(ギリシャ)共同】7月27日に開幕するロンドン五輪の聖火の採火式が10日、ギリシャ西部の古代五輪発祥の地、オリンピア遺跡で行われ、同五輪組織委員会のセバスチャン・コー会長らが見守る中、快晴の太陽光線から聖火が採られた。

 ヘラ神殿跡で伝統儀式に則し、凹面反射鏡で太陽光線を集めて採火した。隣接する古代五輪のスタジアムで、みこに扮した女優が第1走者の水泳オープンウオーター世界選手権覇者、スピロス・ヤニオティス選手(ギリシャ)のトーチに火を移し、リレーが始まった。


  • LINEで送る