高地合宿、予定通り実施 日本水連、松田ら代表参加 

 日本水連は8日の常務理事会で、ロンドン五輪競泳代表の8選手が6~7月に米国とフランスで計画している高地合宿を予定通り実施することを決めた。男子100メートル平泳ぎの2011年世界選手権王者、アレクサンドル・ダーレオーエン選手(ノルウェー)が高地合宿先の米アリゾナ州で急死したことを受け、不安視する声もあったため協議した。

 松田丈志(コスモス薬品)や星奈津美(スウィン大教)らが参加する合宿には、医師を派遣する予定。

 泉正文専務理事は、ダーレオーエン選手の死と高地の因果関係が明らかになっていないことや「選手から強い希望があった」ことを理由として説明した。


  • LINEで送る