バドミントン五輪代表が抱負 末綱聡子「自分たちらしく」 

ロンドン五輪のユニホームの前で記念写真に納まるバドミントン女子日本代表の(左から)佐藤冴香、末綱聡子、前田美順、垣岩令佳、藤井瑞希、潮田玲子=8日午後、東京都北区

 バドミントンでロンドン五輪出場を決めた女子ダブルスの末綱聡子、前田美順組ら日本代表11人が8日、都内で記者会見し、末綱は「悔いなく自分たちらしく戦った上で、メダルという結果が付いてくれば」と笑顔で抱負を語った。

 混合ダブルスの池田信太郎、潮田玲子組はそれぞれ2大会連続の五輪。潮田は「北京でやり残したことをぶつけたい」と話した。五輪のユニホームも発表され、女子は北京五輪に続きワンピース型。

 男子シングルスで世界ランキング6位の佐々木翔は「夢の舞台なのでしっかり頑張りたい」と話し、同8位の田児賢一は「金」と記した色紙を手に「勝ちに行かないと」と言葉に力を込めた。


  • LINEで送る