アルツハイマー、運動が効果的 京都大がマウスを使った実験 

  • LINEで送る

 アルツハイマー病の記憶障害の改善には、食事療法よりも運動療法がより効果的と、京都大の木下彩栄教授(神経内科学)のグループがマウスを使った実験で明らかにし、4日付の米科学誌電子版に掲載された。

 アルツハイマー病はタンパク質「アミロイドベータ」が脳内に蓄積して神経細胞に障害を与えることが一因とされる。マウスに高脂肪の餌を与えると記憶力が悪化し、アミロイドベータが多く蓄積するとの報告がある。

 木下教授は「高脂肪食でも、運動をすればアルツハイマー病を防ぎやすく、進行も抑えやすい」と話している。