レスリングの新庄、出場枠逃す 五輪最終予選 

 レスリングのロンドン五輪世界最終予選最終日は6日、ヘルシンキで行われ、男子グレコローマンスタイル120キロ級の新庄寛和(自衛隊)は初戦の2回戦でセルビア選手に敗れ、上位2人に与えられる五輪出場枠を逃した。

 今回5階級に出場した日本男子は、フリースタイル96キロ級の磯川孝生(徳山大職)が新たに出場枠を獲得。五輪ではフリーとグレコで計9階級に出場する。(共同)


  • LINEで送る