男子やり投げ、ディーンが初V 女子百、福島は3位 

男子やり投げ 81メートル43で優勝したディーン元気=川崎市等々力陸上競技場

 ロンドン五輪の代表選考会を兼ねた陸上のセイコー・ゴールデングランプリ川崎は6日、川崎市等々力陸上競技場で行われ、男子やり投げは英国人の父を持つディーン元気が81メートル43で初優勝した。2009年世界選手権銅メダルの村上幸史は80メートル26で2位。

 女子の100メートルは北京五輪200メートル銀メダルのアリソン・フェリックス(米国)が11秒22で快勝し、日本記録保持者の福島千里は11秒39で3位。400メートルリレーは日本A(北風、高橋、福島、市川)が44秒29で勝った。

 男子の400メートル障害は岸本鷹幸が49秒31で海外勢を抑えて優勝。


  • LINEで送る