野球、明大と慶大が先勝 東京六大学リーグ 

 東京六大学野球リーグ第4週第1日は5日、神宮球場で1回戦2試合を行い、昨秋優勝の明大は法大を4―2で下した。慶大は東大を9―1と圧倒した。

 明大は1点リードの七回に石川の適時三塁打で2点を加えて振り切った。慶大は山崎錬が2本塁打で5打点の活躍。東大は一回に暴投で今季初得点したものの、投手陣が崩れた。


  • LINEで送る