V争いに絡めるか6大関 6日に夏場所初日 

優勝額贈呈式に出席した横綱白鵬(右)と大関把瑠都=5日、東京・両国国技館

 大相撲夏場所は6日に東京・両国国技館で初日を迎える。昨年5月は八百長問題の影響で無料公開の技量審査場所が行われたため、興行としての夏場所開催は2年ぶり。横綱白鵬を中心とした優勝争いに、史上最多となった6大関がいかに絡むかに関心が集まる。

 中でも注目は新大関の鶴竜。開幕を翌日に控えた5日、白鵬や日本相撲協会の北の湖理事長(元横綱)らと国技館で土俵祭りに参加し、15日間の安全を祈った。初日の臥牙丸戦を踏まえ「稽古場で何度もやっている。余計なことは考えず、15日間思い切り取りたい」と意欲を口にした。


  • LINEで送る