日中韓、被災地で災害セミナー 環境相会合で開催合意 

共同声明に署名し、握手する(左から)細野環境相、中国の環境保護相、韓国の環境相=4日、北京(共同)

 【北京共同】北京で開かれていた日中韓3カ国による環境相会合は4日、自然災害対策に関する政策担当者や研究者によるセミナーを年内に日本で開くことで合意した。細野豪志環境相は「東日本大震災の被災地での開催を目指す」とした。

 会合は、災害対応で3カ国が連携し、東日本大震災など災害の情報共有を図ることを確認した共同声明を採択し、閉幕した。

 細野環境相は、会合後の記者会見で「今回の地震や津波、原発事故の経験は世界で共有すべきだ。セミナー開催は被災地を勇気づけることにもなる」と述べた。

 共同声明には、黄砂対策で各国の気象当局の積極的連携など計29項目が盛り込まれた。


  • LINEで送る