体操、飯塚が腰痛で欠場 五輪最終選考会 

 日本体操協会は4日、体操のロンドン五輪代表最終選考会を兼ねた同日開幕のNHK杯に、昨年の世界選手権女子代表の飯塚友海(朝日生命)が腰痛と左かかと痛のため棄権すると発表した。19歳の飯塚は五輪初出場への道が断たれた。

 5枠の代表争いで、飯塚は第2次選考会を終えて6位。日本女子が弱点とする跳馬と床運動を得意としており、有力な代表候補だった。


  • LINEで送る