ひなの成長、動画サイトで生中継 放鳥トキの巣 

  • LINEで送る

 環境省は2日、放鳥トキのひなの様子を5日早朝から、インターネット上の動画配信サイト「ユーストリーム」を使って生中継すると発表した。また、ひなにストレスを与えるのを避けるため、個体識別用の足輪は装着しないことを決めた。

 同省によると、これまでは巣から約40メートルの場所に早朝からビデオカメラを設置し、夕方に回収して映像を解析していた。5日からはカメラを固定し、常時録画しながら映像を配信する。設置や回収で人が巣に近づき、トキに影響を与えることを避けられるという。

 カメラはこれまで通り地上に設置するため、巣のひなが見えないことがあるほか、夜間は観察できない。