3千人が力士と触れ合う 高砂一門が感謝イベント 

大相撲の高砂一門によるファン感謝イベントで、子どもと相撲を取る高見盛=両国国技館

 大相撲の九重部屋などが所属する高砂一門は28日、相撲人気の回復を目指して東京・両国国技館でファン感謝イベントを催し、3千人を超える来場者が力士らと触れ合った。

 両国駅近辺で行われた「両国にぎわい祭り」に合わせ、国技館を無料で開放。十両高見盛ら関取衆は一門の連合稽古を披露後、子どもと相撲を取り、握手会にも参加した。九重親方(元横綱千代の富士)ら親方衆や、元関脇高見山の渡辺大五郎氏ら一門OBによるトークショーなど、盛りだくさんの内容だった。

 催しの中心となった八角親方(元横綱北勝海)は「大成功。来年もタイミングが合えばやりたい」と手応えを語った。


  • LINEで送る