放鳥トキの巣近くに天敵カラス ひな3羽順調 

  • LINEで送る

 環境省は26日、新潟県佐渡市で放鳥トキのひな3羽が確認された巣の近くで、天敵のカラス1羽が飛んでいるのをビデオカメラの映像で確認した。ひなを捕食しようと狙うような様子はなかったという。

 24日の映像では3羽のうち小さい1羽が写っていなかったが、26日には3羽全てが親鳥から餌をもらい、順調に育っている様子も確認された。

 同省によると、カラスが巣の近くに来たのは午前10時55分ごろで、1分程度近くにいて枝をくわえて飛び去った。

 3羽は生後5~11日程度で、体長約20~25センチ、体重150~300グラムに成長しているとみられる。