ホッケー日本男子、初戦快勝 五輪最終予選 

日本―チェコ 前半、先制ゴールを決める長沢(左)=岐阜県グリーンスタジアム

 ホッケーのロンドン五輪世界最終予選第2日は26日、岐阜県グリーンスタジアムで男子1次リーグを行い、44年ぶりの五輪出場を目指す日本は初戦でチェコに6―0で快勝した。

 日本はペナルティーコーナーから2点を決めるなど前半を3―0で折り返し、後半にも加点した。GK長岡(名古屋フラーテル)の好セーブもあり、チェコを封じた。

 中国―オーストリアは降雨によるグラウンド状況の悪化のため前半終了後に中断され、後半は27日に持ち越しとなった。

 最終予選は男女とも6カ国が総当たりの1次リーグを行い、上位2チームによる決勝の勝者が五輪出場権を獲得する。


  • LINEで送る