元小結垣添ら引退会見 「力出し切り、すっきり」 

引退の記者会見をした元小結垣添の押尾川親方(右)と元幕内剣武の宮本一輝氏=26日、東京・両国国技館

 25日に引退した大相撲元小結垣添の押尾川親方(33)=本名垣添徹、大分県出身、藤島部屋=が26日、東京・両国国技館で記者会見し「自分の相撲を取れなくなった。でも、全部力を出し切り、すっきりしている」と潔い表情で話した。

 押尾川親方と日体大相撲部の同期で藤島部屋に所属し、同じく25日に引退した元幕内剣武の宮本一輝氏(33)=埼玉県出身=も合同で会見した。宮本氏は春場所中に網膜はく離を再発。精神的に限界を感じたといい「(現役を)続ける方向で考えていたけど、治療とか手だてがなくて悔しい」と唇をかんだ。今後は実家の旅館を手伝う。


  • LINEで送る