射撃、松田が今季W杯初優勝 五輪テスト大会 

男子50メートルピストルで優勝した松田知幸(中央)=ロンドン(共同)

 【ロンドン共同】ロンドン五輪のテスト大会を兼ねた射撃のワールドカップ(W杯)は25日、五輪の本番会場で行われ、男子50メートルピストルで五輪代表の松田知幸(神奈川県警)が664・8点で今季初優勝し、通算5勝目を挙げた。

 世界ランキング2位につける36歳の松田は予選を2位に7点の大差をつける572点でトップ通過し、8人による決勝で逃げ切った。

 2008年北京五輪8位の松田は10年世界選手権で同種目とエアピストルの2冠に輝き、ロンドン五輪代表になった。20日のエアピストルは決勝に進めず、15位だった。


  • LINEで送る